http://www.petsiesta.com
愛犬・愛猫と暮らす楽しさを、喜びを、
       感じられる専門店 ペットシエスタ.com
TOP for Dog for Cat 実店舗案内 お問い合わせ  
FOOD
for Dog /  for Cat
for Dog /  for Cat
for Dog /  for Cat
for Dog /  for Cat
商品カテゴリー
・ ローフードって何がいいの? ・ 馬肉が生食にむいている理由って?
・ 酵素って何? ・ 生肉って消化いいの?
・ 酵素って自分でつくれないの? ・ 馬肉購入ページへ
生食(ローフード)とは食品を加熱せずそのままいただくスタイルのこと。
多くの栄養素は熱に対してとても敏感。中でも酵素は46℃以上の熱を加えると壊れてしまいます。生で食べることで食物に含まれるビタミン、ミネラル、酵素をそのまま吸収することができるのです。
タンパク質や脂質、炭水化物等の栄養素を分解し、体内代謝を促してくれる物質です。

つくれます。ただ、体内で酵素をつくるのにもエネルギーが必要なんです。消化をする為にエネルギーをつかって酵素をつくる・・・これではかえって体に負担になってしまいます。酵素が豊富なローフードを摂取することで体に負担をかけずに体内に栄養を取り込むことができるのです。

馬は牛や豚よりも5〜6℃体温が高く、バクテリアが繁殖しにくいという特徴があります。そのため、加熱をせずに与えることができるのです。
犬は限りなく肉食に近い雑食。その為、生の肉が最も消化しやすく、胃にはいってから4〜5時間で腸まで達します。その後すぐに栄養を吸収することができます。ちなみにドライフードは消化吸収に約半日かかります。
馬肉のタンパク質は低アレルゲンであり、牛肉や豚肉にくらべてリノール酸やリノレン酸(皮膚・被毛の健康にはかかせない物質)が豊富に含まれ、血中コレステロールを下げる作用があります。
また牛肉や豚肉の平均的な脂肪分が16%なのに対し、馬肉は10%程とヘルシーな為ダイエットにもむいています。
皮膚病やアレルギー、ガン、心臓病など慢性の病気が多くなっています。人間社会でも食事のあり方が見直されてきていますよね。ペットも同様、食べ物で免疫力や自然治癒力に大きな差がでるのは事実です。大切な家族の為に、今一度食事について考え、ローフードという食生活をはじめてみませんか?
 
店舗概要 プライバシーポリシー 特定商取引に基づく表記
Copyright(C)2007-20016. petsiesta. All Rights Reserved.